「僕はまだ総力出してないだけ」と若者は常日頃から口にしている

近頃、急増するフリーターやひきこもりやフリーターの症状。
そういうしている時、超前向きに生きゆく人間生チャレンジャーに出会った。

それは青野春秋の「己はまだ必死出してないだけ」に登場する主要人間公大黒シズオです。
亭主は41才にして、「自分を生み出す」「人間命に後悔したくない」と突然仕事場を辞めて家でダラダラとやり過ごす生活を送っていた。
亭主の男子と娘の三人間で暮らしてあり、娘はそういう生活を送る男子を見守っているが、実の男子からは完全に呆れられて要る。

亭主はパート生活を送ってあり、亭主がはたらくハンバーガー店先では、周りの若い同僚のからは皮肉ったように「店長」と呼ばれている。(本当の店長は特別掛かる)

あんな公式人間は、そういう周りなんて思いにもし塩梅で、家では朝っぱらからプレイをし、外部では子供たちと公園で遊んだりといった普通を過ごしている。

あんな、ある日突然、シズオは「コミック実家になる!」と決意する。
ファミリーや近隣は更に呆れるが、亭主は本気のようでコミックを書き続け、手直し部に販売に赴き、出版を目差す。

「41才で仕事場を辞めパートくらしでコミック実家を目差す」という破天荒な人間命を送って掛かるようだが、至って公式人間はポジティブでありある意味人間命を楽しんでいるように見える。

わたくし、全五巻している時二巻まで読んだのだが、コントタッチで嬉しいコミックであるが、実はしている時私の奥深い仕様となっている。

主要人間公シズオを筆頭にいわゆる「不可能人間時分」と呼ばれる人間雑貨が力作のしている時に登場して生じる。
例えば「生業が途切れる」などといった症状などが描かれているが「何故そうなってしまうのか」という部分を掘り下げてあり、社会的に有するフリーターやフリーターなどの症状に取り組ん現れるように見える。

2013年には堤真一主演で実写化もされている。
近いうち鑑賞してみようとおもう。

オモシロおかしく読める力作なので正邪お求めしたい。
女遊びの仕方ナビ『誰でも簡単に出会いを増やす方法』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です